冬に読みたいおすすめ絵本3冊

雪が降らない、春のような1月です。
寒くないのは肩が凝らなくて嬉しいけど、
やはり冬には雪が見たいです。

物語の中だけでも冬気分を!ということで
雪がたくさん降ってくる
冬を楽しむ絵本をご紹介します。



・絵本「ふゆ」こうの あおい

ある冬の日、空では雲があそんでいます。
やがて雨が降り、雪になり、降り積もって大地をおおう白い雪。
そこで見つけた足あとをたどると・・・?
ネフのおもちゃ「アニマルパズル」などのデザインで知られるデザイナー、
こうのあおい(葵フーバー河野)さんによる
冬の世界の静けさを感じるこの絵本。



・絵本「ゆき」きくちちき

ふわふわと舞い降りた綿菓子のような雪は
だんだん強くなり、森の景色も
動物たちの姿も一変させてしまいます。

生き物にとって、ときに命をはぐくむ助けとなり
ときに命をうばう雪。
北海道出身の絵本作家きくち ちきさんが
地上に降り積もる雪の姿を
叙情ゆたかに描いた雪の絵本。

画集のような仕上がりで、1ページ1ページ
強さにひきこまれる絵本です。




・しかけ絵本「ゆきのあさ」ステフィ・ブロコリ

雪が降り積もった、銀世界に残る動物たちの足跡。
足跡をたどってみると・・・
雪に覆われた葉っぱのかげや、茂みに動物たちが隠れています。

パリ在住のイラストレーター、ステフィ・ブロコリによる
しかけ絵本。

雪世界は、まっしろな紙に細かいエンボス加工で表現されていて、
子どもたちと一緒に、どんな動物が隠れているのか
めくって遊ぶのも楽しいです。
毎年の冬の楽しみにしたい1冊。


この他にも、季節を楽しむ絵本をたくさんご用意しております。
・季節の絵本 アイテム一覧