ラトビアのかご、バスケット

今年はオリンピックがあるはずだったよなあ、、と
時々思い出して、この2ヶ月の急展開にまだついていけておりません。
やはり旅行やら催しやらレストランは行けるときに行っておかなければ
というのが今回得た教訓です。

幸いにも物流の方は動いてもらっているので
ラトビアより入ってきたかごを少しご紹介します。

伝統模様の手編みのバスケット

・伝統模様のかごバッグ
伝統的なダイヤ模様があしらわれたヤナギのかご。
お財布とスマホとハンカチを入れて、おでかけにもインテリアにも使える小さいカゴで、ラトビアのかごの中でも
人気のアイテムです。今回1点だけですが再入荷しています。


伝統模様の手編みのバスケット

・大きな伝統模様のかご
こちらもダイヤ模様があしらわれているのですが、皮をむいていないヤナギをざくざくと編まれていて
雰囲気のあるかごです。平置きすると斜めになってしまいますが、壁にもたせかけて使うと良い感じです。


ヤナギの円形かご

・ヤナギの円形かご
皮付きのヤナギがフチのアクセントになった円形のかご。
とても美しく編まれていて、デザインのバランスが良いかごです。
読みかけの本と手芸周りのモノの収納などに。


伝統模様のミニかご

・伝統模様のミニかご
直径7cm-8cmほどの手のひらサイズのミニバスケット。
小さいですが、伝統的なひし形模様がきっちりと編み込まれており
底もきちんと水平に安定するように作られています。
これで針山を仕立ててもかわいいと思います。


・ラトビアのかご、バスケットアイテム一覧

6月のラトビアの森の民芸市にも行きたかったのですが、
今年は無理かもしれません。
来年以降チャンスがあったら、逃さないようにしたいなと思っております。